リフォームって必ず必要?

どんな家でもいったん建ててしまうと、その瞬間からどんどん劣化が始まります。つまりどんな住宅でも長く住み続けようと思えば必ず補修や修繕を含むリフォーム工事をしなければならないということになります。ですから住宅ローンを組んでいる場合でも、同時にリフォーム費用をコツコツ積み立てていかなければなりません。なぜなら、少しでも傷んだ場所をそのままにしておくと傷みが激しくなり、家の耐久性を著しく低下させてしまったりするからです。予期できない台風被害や大雨被害などに備えて、リフォーム費用を用意しておくことを忘れてはなりません。
特に屋根や外壁などは常に風雨や太陽光に直接さらされていますので、傷みやすい部分でもあります。しかもこうした住宅の表面部分が傷むと、そこから雨水などが入り込んでますます傷みを進めてしまうため、必ず定期的にチェックするようにしましょう。問題を早期発見は、すぐに直すことができます。ちょっとした症状の段階で治せばすぐに元気になる人間の体と同じで、住宅も早めに手当てしましょう。

PR|


コメントを残す