子供部屋のリフォーム

そもそも国土が狭く、山間部の多い日本では、ひとつひとつの住宅が狭いのが特徴的。しかも都心部ともなればその狭さは極端なものもあり、まさに狭小住宅と呼ばれる住宅もかなり多く見かけられます。
そのような住宅でしばしば頭を悩ませるのが、子供部屋の確保でしょう。日本の住宅では4~6畳程度が一般的で、広くても8畳というのが普通。それを複数の子供でシェアしなければならないというケースも多いのですが、そうすると子供たちが互いのプライバシーを確保しにくく、成長とともに不満を抱くようになったりします。
内装リフォームでうまく部屋を二分割する手法がおすすめですが、狭すぎる場合にはうまくアイデアを出しながら計画を進めることが必要です。最近ではこうしたリフォームを多数手がけている工務店も多いですので、検討されている方は実績のある業者に一度、相談してみるといいでしょう。リフォームによって上手に空間を使いこなすことができれば、仮に2人で6畳しかない部屋を共有する場合でも無駄なくスペースを活用することができます。


コメントを残す