災害時は考えるけどやはりオール電化住宅で

最近人気のZEH住宅や「エコ住宅」と言いますと、オール電化住宅がまず先に提案されていましたよね。しかし停電になりますと、オール電化住宅は実に不便となるのです。なぜって、コンロも使えなければ暖房も使えません。風呂だって入れないわけです。なぜなら、すべて電気でまかなっていますから。

とは言え、IHコンロの代わりに簡易用のガスコンロで調理することはできますし、暖房に関しては灯油ストーブを1台置いておけば備えることはできますからね。風呂に関しては…、停電中はお風呂に水を張って放置し水温が上昇するのを待って、そしてガスコンロでもお湯をわかしてお風呂の水に混ぜてなんとか入浴用のお湯を用意することができます。ただ、災害時にはオール電化の不便さをすごく痛感しますけれどね。

でも、やっぱりオール電化住宅はガスも利用する住宅よりも、ランニングコストは低いのですよね。災害時に不便だとは言っても、災害はしょっちゅうしょっちゅう起こるものではありませんし、そこで迷いは生じますね。それで結局我が家は、オール電化住宅という選択になったのですが。


Comments are closed.