全館空調システムに興味があった

PR|英会話の個別指導|自由が丘で話題のシェービングサロン|LED照明に交換するにはブログ|中小企業の経営相談なら|耐震住宅であり長期優良住宅|大津市の新築一戸建て|広島市で注文住宅なら高崎市で住宅展示場を見学ZEH(ゼッチ)の再エネ注文住宅 |

集合住宅は基本的に苦手だったこともあり、引っ越すなら初めから一戸建てが良いなと思っていました。建売住宅なら住む段階のものを生で見られるのがメリットですが、その家に私たちのライフスタイルを合わせていかなくてはならないのはデメリットです。注文住宅は一から作れるという楽しみがあるものの、時間がかかり面倒くさいです。でも、私たちは注文住宅の一から作るという選択を重視しました。

最初に興味があったのは全館空調システムです。エアコンだけで十分だなと思っていたのですが、調べてみるとエコに特化したハウスメーカーの全館空調システムなら、エアコンと比較してみると光熱費がそこまで変わらなかったり、導入費もエアコンの買い替えを考えたり、部屋数だけ付けるとなると思ったより差はないのかなと感じました。ネット情報なので、これは実際に付けて見ないことにはわからないと思いますが。

全館空調システムに興味がわいたのは、家族全員が快適に過ごせるとしたらそれは空調が整っている家だと思ったからです。私は個人的に日本の湿気を含んだ夏がかなり苦手で、体調こそ壊さないものの、あの不快感に比べたら真冬の方が全然マシです。冬は前の家でも何もしなくても結構中は暖かかったので、やっぱり夏が大変です。

今の家を建てる前に調べてみると、いくら高気密高断熱を誇る家でも夏の暑さには家そのものの仕組みだけでは到底太刀打ちできないとわかりました。冬はエアコンだけでなく電気毛布やホットカーペット、ストーブなど色々な暖め方がありますけど、夏の冷やし方ってあまりないですよね。もっとミニクーラーとか、技術的にはできそうな気がするのですが何故ないのでしょう。この前ペット用に探しまくったのですが、冷蔵庫を改造するくらいしかありませんでした。

結局、結論としてはエアコンを選択し、今はできるだけ最新のエアコンを使えるようにしています。家の性能も上がっていますが、同じくらいエアコンの性能だって上がっています。

PR|SEOアクセスアップ相互リンク集|生命保険の口コミ.COM住宅リフォーム総合情報健康マニアによる無病ライフ


コメントを残す